HOME | サービス概要 | 医学界人材サーチ

医学界人材サーチ

貴法人が希望する要件を満たす医師をピンポイントで発掘し、体制強化・組織活性化・機能評価向上を実現します。
同じエグゼクティブサーチというサーチ手法ではありますが、医学界の人材サーチは経済界のものとはいくつか異なる点があります。
我々は医学界ならではの業界特性、動向に着目しながら、採用を通じて業界の活性化に貢献していきたいと考えております。

大学附属病院はもとより、国公立系病院の大半は、大学医局人事により医師が派遣され受け入れられています。
その為経済界よりも非常に強固な徒弟社会(医局、出身大学同門会等による上下関係)が存在しており、自ら医局を離れるといった行動を起こしにくい業界となっております。
 
当社スカウト対象者となる医師の大半は、国公立系病院に勤務する医師です。
その為大学医局人事の動向には注目し、教授選挙により新旧交代など医局人事が大きく動くタイミングを把握する必要があります。
 
また医学界は所属学会により、地域を越えた横のつながりも強い業界と言えます。
この点も視野にいれながら対象者を絞り込んでいくといったところも経済界とはまた大きく違う点と言えます。

対象者の特徴

画像をクリックすると拡大します

医学界の人材サーチについては登録型人材紹介会社との業務提携や、当社への求職者登録も一切受け付けておりません。
スカウト活動の途中で登録型人材紹介会社へ登録していることが判明した候補者の方は 対象より除外しております。
 
エグゼクティブと言えば幹部層やスーパードクターを想像されるかもしれませんが、当社が対象とする候補者は「志や社会性を備え、この変革期に大局観を持って地域医療と向き合う」且つ顕在的転職市場に現れない先生です。

スカウト・プロセス

 

① お問い合わせ・お見積書提出
一般的な対応としては、先ず貴法人へ往訪し求人相談の内容をお聞きした上で、難易度に応じてスカウト活動費用を見積もり提案いたしますが、
医師サーチ案件は過去経験値よりその概算活動費用がほぼ一定水準で推移していることから、先ず見積書(提案書)を送付させて頂きます。
 
② ご説明
送付した見積書をご覧頂き、前向きにご検討頂ける場合には、貴法人へ往訪し更に詳しい説明をいたします。
 
④・⑤ 候補者情報収集~リスト作成・精査
半蔵門パートナーズで行う候補者の評価要素は主に2つ、能力面と人物面になりますが、 この段階では能力面(業績・実績・キャリア等)の情報を基に候補者リストを作成します。
 
⑥・⑦ 候補者へのアプローチ開始~面談申し入れ
ご担当者様と精査した候補者リストを基に、アプローチを開始。 候補者の方へ手紙やメール等でご面談の申し入れを行います。
 
⑧ 候補者面談(複数回)
弊社からの案内を受け取った候補者から返信があれば、弊社による単独インタビューを実施します。
候補者との信頼関係構築のため、面談を数回行うことが一般的です。
初回面談は手紙を差し上げた背景等(医療政策の方向性・何故この病院を候補者へオファーしたいのか)を説明します。
信頼関係が構築できたと判断する時点で法人名を開示。
その上で適格性評価に必要な候補者の志向・希望等(能力発揮の環境)を引き出していきます。
※アプローチした候補者(医師)が登録型人材紹介会社へエントリー(登録)していることが判明する場合には、候補者リストより除外します。
 
⑨ 候補者の適格性評価・意向の確認
紹介法人の経営理念・考え方・カルチャーを視野に入れながら、候補者の能力面のみならず人物面との相性も探り、推薦候補者を絞ります。
※次のステップ(面談)の前に、想定される処遇条件の算出をこの段階で協議することもございます。
 
⑪ 推薦候補者の引き合わせ(面談)
スカウト・サーチ型という性質上、「面接」ではなく面談スタイルで相互理解を深めて頂けるよう、弊社が進行役を務めます。
 
⑫・⑬ 就業合意の意思表示~就業開始
面談を経て、相互理解が深まり双方前向きとなれば、弊社が就業条件の交渉・協議を行い候補者
へ提示し、承諾いただければ就業合意となります。
その後も円満な入職に向けてフォローいたします。