HOME | サービス概要 | 経済界人材サーチ

経済界人材サーチ

経営改革・事業承継・社外取締役・経営顧問などの経営分野をはじめ、海外・新規事業・研究開発・商品開発・人事総務・経営企画・財務経理・営業・物流・生産などの各部門リーダークラスをピンポイントで発掘し紹介することで、貴社の企業価値向上を実現します。

スカウト・プロセス

 

① 求人相談
企業へ往訪し、経営課題、採用課題、求人概要等をヒアリングさせて頂き、 弊社のサービス内容をご説明させていただきます。

 

② 提案書(見積書)提出
課題解決に向けた求人相談の内容より、スカウト活動費用を見積もりご提案いたします。

 

④・⑤ 候補者情報収集~リスト作成・精査
半蔵門パートナーズで行う候補者の評価要素は主に2つ、能力面と人物面になりますが、 この段階では能力面(業績・実績・キャリア等)の情報を基に候補者リストを作成します。

 

非指名スカウト(不特定多数企業の中から要件を満たす人材をサーチ)の場合、契約締結後1~2か月以内に候補者リストを提出し、候補者をご担当者様と精査し絞り込みます。

 

指名スカウトの場合、対象者(社)の調査結果を随時ご報告します。
※指名スカウトは内容によりお受けできないことがありますので予めご了承ください。
 
⑥・⑦ 候補者へのアプローチ開始~面談申し入れ
ご担当者様と精査した候補者リストを基に、アプローチを開始。 候補者の方へ手紙やメール等でご面談の申し入れを行います。

 

⑧ 候補者面談(複数回)
弊社からの案内を受け取った候補者から返信があれば、弊社による単独インタビューを実施します。
候補者との信頼関係構築のため、面談を数回行うことが一般的です。
初回面談は手紙を差し上げた背景等を説明します。
信頼関係が構築できたと判断する時点で法人名を開示。
その上で適格性評価に必要な候補者の志向・希望等(能力発揮の環境)を引き出していきます。

 

⑨ 候補者の適格性評価・意向の確認
紹介企業の経営理念、様々な価値観・考え方を視野に入れながら、 候補者の能力面のみならず人物面との相性も探り、推薦候補者を絞ります。

 

⑪ 推薦候補者の引き合わせ(面談)
スカウト・サーチ型という性質上、「面接」ではなく面談スタイルで相互理解を深めて頂きます。

 

⑫・⑬ 就業合意の意思表示~就業開始
面談を経て、相互理解が深まり双方前向きとなれば、弊社が就業条件の交渉・協議を行い候補者へ提示し、承諾いただければ就業合意となります。
その後も円満な入社に向けてフォローいたします。