半蔵門パートナーズ 半蔵門パートナーズ

お問い合わせ 資料請求
手紙・名刺をお持ちの方
お問い合わせ 資料請求
03-3221-3345

半蔵の心得

第1回 ヘッドハンターは、いったい何を基準に、どんな人を選んでいるのか。

 ヘッドハンターは、いったい何を基準に、どんな人を選んでいるのか。

 これは、多くの方が知りたいことだと思います。

 一般的には、業界の有名人で、大ヒットした商品を開発した人や、数々の賞を受賞した人、バリバリやり手のビジネスパーソンが選ばれると思われがちです。

 しかし、弊社では、地道にコツコツと職場で実績を重ねてきた人たちの中から、ダイヤの原石を見つけることがほとんどなのです。ですから、初めて連絡を取った時に、「なぜ私を?」と驚かれる方も少なくありません。

 候補者の方に連絡を取るまでに、私たちはさまざまな方法を駆使してリサーチし、情報を集めています。依頼主が求めている能力やスキルに当てはまる候補者を、その段階で選定させていただきます。

 しかし、本当に大切なのは実際に会ってから。私が注目しているのは、スポーツ・武道の世界でよく用いられている「心技体」のバランスです。

 「心」とは、文字通り精神や心のありよう、「技」は技術やスキル、「体」はまさに身体で、その人の肉体や健康状態を指します。

 才能があり、一芸に秀でている人は短期的に見ると華やかな活動をし、世間の耳目を集めます。しかし、どんなに卓越したスキルを持っていても、まわりと衝突してばかりでは職場が混乱します。また、毎日のように飲み歩いていたら大事な場面で正常な判断ができないかもしれませんし、いつか倒れるかもしれません。

 候補者のスキルや能力、つまり「技」は氷山でいえば氷上に出ている一角。海中に隠れて見えない「心」や「体」こそ、私たちが掘り起こしていかないといけない要素なのです。

 それは依頼主にも当てはまることで、業績は素晴らしくても職場環境はブラックだった……となると候補者が不幸になってしまいます。だから、私たちは依頼主の「心」「体」も深く掘り下げていきます。

 そうやって「心」にフォーカスしていくと、何を一番大切にし、何に満足して何を動機に動くのか、といった候補者や依頼主の「本質」が見えてきます。つまり、弊社はヘッドハンティングというよりは、マッチングをさせていただいているのです。

 

2018514

武元康明

手紙・名刺をお持ちの方