半蔵門パートナーズ 半蔵門パートナーズ

お問い合わせ 資料請求
手紙・名刺をお持ちの方
お問い合わせ 資料請求
03-3221-3345

碓氷峠と回想録

群馬県

「魅力度ランキング」なるものでは最下位周辺にいるようだが、私にとって、碓氷峠を擁する群馬県は、ずっと憧れの場所だった。

碓氷岬は古くから交通の要所であると同時に難所でもあり、古代からここを越えるためにみな腐心してきた。鉄道の路線を敷く場合も例外ではなく、この峠の勾配をどう乗り越えるか、試行錯誤を繰り返してきたようだ。

多くのトンネルに、レンガ作りの大橋はその名残。

見どころたっぷりの在来線は長野新幹線の開業により廃線となったが、めがね橋を渡る国鉄を写真に収めたいと幼い私は夢にまで見たものだ。

 

この半蔵紀行では、私が幼少期に鉄道や鉄道写真を好いていたことに触れた記憶がある。

両親にねだって、家の近所の写真館でKonicaのカメラを買ってもらったのは小学校3年生のとき。その足で地元・七尾駅に写真を撮りに行った。今ではすっかり寂れた田舎町だが、当時は今よりも活気があり、機関庫もあった。どしっとSLやディーゼル機関車が並ぶ光景に、少年の心は鷲掴みにされていて、その後何度も写真を撮りに通ったものである。

 

小学校高学年になると、写真から鉄道模型へ移行して、同志を募っては語り合った。鉄道模型はお金のかかる趣味だったため、お医者さんや企業経営者の息子が多かったと今振り返ってみて気がつく。商人畑の我が家で、よくもまああんな趣味を許してくれたと思う。両親には頭があがらない。

 

両親といえば私が10歳のころ(1978年)、父は七尾駅の1日駅長を務めたことがある。

父と、大好きな鉄道のくみあわせ。晴れがましいような、こそばゆいような、うらやましいような。子が親に抱く感情とは複雑なものである。

 

逆に、親が子に抱く感情は単純なもので、すくすくと元気に育ってくれればもう万事オーケーだ。

先日娘が「いいカメラが欲しい」と言い出して、いろいろと教える機会があった。写真に凝っていたのははるか遠い昔のことのようだが、さすがに体に染み付いた撮り方のコツは消えていなかった。そして一つ思い出すと、連鎖的に思い出が蘇ってくる。最終的に碓氷峠への憧れまでぶり返してきて、こうして筆をとっているという次第だ。

  

高崎駅で、碓氷の駅で売られていた釜飯のお弁当を買うことができる。これは私のお気に入りの駅弁の一つで、何気なくよく食べていたが、今度食べるときはノスタルジーに浸ってより味わい深く感じられるだろう。

思い出は人生のスパイスさ!とは、あまりにも気障すぎてとても口には出せないが、たまにはそんなカッコつけた心意気で生きるぐらいが、人生を楽しむ秘訣だろうと思うのだ。

202085

武元康明

半蔵が食べた群馬県のうなぎ屋

手紙・名刺をお持ちの方