半蔵門パートナーズ 半蔵門パートナーズ

お問い合わせ 資料請求
手紙・名刺をお持ちの方
お問い合わせ 資料請求
03-3221-3345

半蔵うなぎ街道

なぜうなぎを紹介するのか?

半蔵が持ち帰ったうなぎ屋の箸袋は、本日現在40軒です

創業年で
並び替え

新しい順 古い順 不明
愛知県
県民性を見る
  • 炭焼きうなぎ  三福
    愛知県/名古屋市熱田区
    1950年 創業
  • かが味
    愛知県/名古屋市熱田区
    1990年 創業
  • うな春
    愛知県/名古屋市東区
    2008年 創業
  • 名代元祖  井谷家
    愛知県/知立市
    1885年前後 創業
  • うな川
    愛知県/日進市
    1968年前後 創業
  • 鰻  川安
    愛知県/豊田市
    1968年 創業
  • 日本料理 うなぎ  桂喜
    愛知県/海部郡
    1951年 創業
  • 名古屋名物 ひつまぶし しら河 浄心本店
    愛知県/名古屋市西区
    1948年 創業
  • 宮鍵
    愛知県/名古屋市中村区
    1988年 創業
  • うなぎ 蓬春
    愛知県/北名古屋市
    2017年 創業
  • 郷土料理 魚照
    愛知県/弥富市
    1997年前後 創業
  • カドヤ
    愛知県/豊川市
    1879年 創業

*創業年は店舗ホームページや店主・従業員に確認した情報を基に、西暦表示しています。

愛知県の県民性

生まれてから就職まですべて県内という人もいる地元愛の強い県

愛知県は、言わずと知れた大商業圏の名古屋市や日本一の自動車メーカー・トヨタ自動車のある豊田市を有し、海産物にも農産物にも恵まれた県である。

経済産業省「工業統計調査」の「製造品出荷額等」は、1977年からなんと40年連続で全国1位の工業県であり、県内の事業所数も32万以上で、東京、大阪に次いで全国3位(「平成28年経済センサス‐活動調査(確報)」)と、日本の経済界を支えている県と言っても過言ではないだろう。

住みやすい立地に加え、仕事もある。だからこそ地元愛にあふれた県民が多く、出身高校と同一県内の大学入学者数も全国一位(文部科学省「学校基本調査 平成30年度」)だ。そうなると就職も県内を選ぶ確率が高く、一生を愛知県で過ごすといったことも珍しくない。

そんな愛知県の県民性を見てみると、名古屋市のある西部地域(旧尾張国)と、豊橋市、岡崎市、豊田市のある東部地域(旧三河国)で県民性の違いをあげる県民が多い。

尾張側は「商人文化気質」で、金銭感覚に鋭く、節約意識と出費のメリハリが大きい。例えば名古屋ではハイブランドのカバンを持っている女性を多く見かけるが、これは「確実に価値が確定しているものを買い、無駄な買い物をしない」といった堅実性の表れともとれるのではないだろうか。

「名古屋の結婚式は派手」といわれるが、独身時代は実家暮らしで節約する代わりに、結婚式のようなお祝いの出費のときには惜しまず使う、といったメリハリがあるように思う。

 一方、三河側は、堅実で頑固、組織への忠誠心が強いといった「武士文化気質」があるといわれる。こうした気質の人が多いからこそ、職場では同じプロジェクトに向かって一丸となる統一感や、皆でよりよいものを作っていこうという意識も生まれる。それがトヨタ自動車の礎を築いたともいえるのではないだろうか。ちなみに、都道府県別・車種別自動車保有台数は愛知県が全国1位である( (一財)自動車検査登録情報協会HP「都道府県別・車種別保有台数」)。

 ここまでは愛知県民の保守的な一面を考えてきたが、こと、食文化においては挑戦的な部分が多いように感じる。私の出張時の趣味はうなぎ店めぐりだが、愛知県といえばうな重ではなく「ひつまぶし」だ。ひつまぶしの発祥には、うなぎの大きさをそろえるためとか、型崩れしたものを使ったなど諸説あるが、いずれにしても画期的なアイデアといえる。いまや市民権を得た「天むす」や「小倉トースト」も、保守的な県民性からは一見考えられない。「きしめん」「みそかつ」「手羽先」……など、ほかにも愛知県独特のメニューは多い。この謎を考えるに、食のバリエーションが確立しているのは、地元に生み続ける人が多いからなのではないかという答えに行きついた。

10年以上前の話になるが、名古屋市内の寿司屋で出してもらった知多半島産の魚介があまりにおいしかったため、大将に「これほどよいものなら築地に出荷されないんですか?」と尋ねたところ、「地で消費」という回答がかえってきたことがある。

地元に住み続ける人が多いということは、常連客も多いはずだ。加えて、愛知県民は金銭感覚が鋭い。だからこそ、一番いい食材は地元の人に提供すべき、常連さんを飽きさせない新しいメニューを作るべき、といった発想につながっていったのではないだろうか。

※別コラム「半蔵紀行」でも愛知県を紹介しています。

20191010

武元康明

  • 炭焼きうなぎ  三福
  • かが味
  • うな春
  • 名代元祖  井谷家
  • うな川
  • 鰻  川安
  • 日本料理 うなぎ  桂喜
  • 名古屋名物 ひつまぶし しら河 浄心本店
  • 宮鍵
  • うなぎ 蓬春
  • 郷土料理 魚照
  • カドヤ
手紙・名刺をお持ちの方