半蔵門パートナーズ 半蔵門パートナーズ

お問い合わせ 資料請求
手紙・名刺をお持ちの方
お問い合わせ 資料請求
03-3221-3345

半蔵うなぎ街道

なぜうなぎを紹介するのか?

半蔵が持ち帰ったうなぎ屋の箸袋は、本日現在20軒です

創業年で
並び替え

新しい順 古い順 不明
福岡県
県民性を見る
  • うなぎ料理  千年家
    福岡県/うきは市
    1979年前後 創業
  • 元祖本吉屋
    福岡県/柳川市
    1681年 創業
  • うなぎめし・蒲焼  川よし
    福岡県/柳川市
    1959年前後 創業
  • 元祖 若松屋
    福岡県/柳川市
    1855年 創業
  • 岸川うなぎ
    福岡県/福岡市西区
    1979年 創業
  • 皿屋 福柳
    福岡県/柳川市
    1769年前後 創業
  • うなぎ 蒲焼 うな善
    福岡県/福岡市中央区
    1990年 創業
  • 博多名代 吉塚うなぎ屋本店
    福岡県/福岡市博多区
    1873年 創業
  • うなぎ処 山道
    福岡県/福岡市中央区
    2015年 創業
  • 筑後柳川屋
    福岡県/福岡市中央区
    1960年 創業
  • 富松うなぎ屋
    福岡県/久留米市
    1969年前後 創業
  • 蒲焼元祖 田中鰻屋
    福岡県/久留米市
    1804年 創業

*創業年は店舗ホームページや店主・従業員に確認した情報を基に、西暦表示しています。

福岡県の県民性

社交的で祭り好き、おおらかな県民性は商人気質から

もつ煮や水炊き、ラーメン、海の幸に明太子……。福岡の出張といえば美味しい料理と焼酎といった食の楽しみも欠かせない。博多の居酒屋などでは、隣り合わせた人とも楽しく会話ができるような、おおらかな雰囲気のある県だと思う。

一般的な福岡県の人たちのイメージは博多周辺のエリアを指し、酒豪が多く、社交的で、開放的で見栄っ張りで派手好き、情にもろいが熱しやすく冷めやすい、といった印象ではないだろうか。「博多祇園山笠」「博多どんたく」といった大きな祭りがあるときには、数週間前から仕事が手につかない博多の男性も多いと聞くから、福岡出身の男性には血気盛んなイメージもある。

中国の歴史書『後漢書』には、紀元前一世紀の建武中元二年(57年)に後漢朝の光武帝が現在の福岡市にあった奴国の王に印綬を与えた、という記述があるように、こうした県民性は、博多が昔から大陸との交易の窓口だったこと、商人の町として栄えてきたことと関係しているように思う。

七世紀に大和朝廷が北九州を支配するために太宰府をおいたことで、博多と大陸との公的な貿易は活発になる。遣唐使が廃止されて以降は私貿易が盛んになり、中国商人と取引を行う博多商品が増えていったようだ。そうした歴史があるからこそ、博多の人たちのコミュニケーション能力が磨かれ、どんな人たちも陽気に受け入れる土壌が根付いていったのだろう。

とはいえ、福岡県全体で比較していくと、違った一面も見えてくる。

県南部の筑後(久留米市、大牟田市など)エリアは、昔からの農業地域であり、筑後川の氾濫にも悩まされてきた歴史があるため、忍耐強く堅実。つつましくまじめな働き者が多い。

そして県東部の豊前(北九州市など)エリアはバラエティに富んでいて、小倉は城下町文化が残り、上品でしとやかであり、保守的なところもあるが、門司はかつて軍港でもあった港町なので、開放的。

そしてかつての筑豊炭田地帯は、過酷な労働条件下で働く男性たちは気性が荒くてギャンブル好きだが、情に厚いといった気質の違いが地域ごとあるようだ。 

 ところで、ここまで福岡市のことを主に「博多」と書いてきたが、博多と福岡市の違いはご存知だろうか。当然ながら博多は福岡市の一部なのだが、759年の『続日本記』に「博多大津」という地名が記されているほど歴史がある。一方、福岡という地名は、関ケ原以降にこの地を治めた黒田長政が生まれ故郷の地名をとって、築城した舞鶴城(福岡城)周辺の城下町を福岡と呼ぶようにしたという。このとき、黒田長政は博多も福岡と変えようとしたが、地元の猛反発にあって叶わなかったという歴史もあるようだ。

だから、前述した「博多祇園山笠」「博多どんたく」ひとつとっても、博多の人たちは「自分たちの祭り」と誇りに思い、博多以外の福岡の人は「博多の祭り」と区切りをつけている感もある。神奈川県のなかの横浜のように、福岡県のなかの博多は特別な地域といえるから、福岡出身の人と出会ったら、博多の出身か否かを確認してから話を進めたほうがいいのかもしれない。

※別コラム「半蔵紀行」でも福岡県を紹介しています。

202016

武元康明

  • うなぎ料理  千年家
  • 元祖本吉屋
  • うなぎめし・蒲焼  川よし
  • 元祖 若松屋
  • 岸川うなぎ
  • 皿屋 福柳
  • うなぎ 蒲焼 うな善
  • 博多名代 吉塚うなぎ屋本店
  • うなぎ処 山道
  • 筑後柳川屋
  • 富松うなぎ屋
  • 蒲焼元祖 田中鰻屋
手紙・名刺をお持ちの方