半蔵門パートナーズ 半蔵門パートナーズ

お問い合わせ 資料請求
手紙・名刺をお持ちの方
お問い合わせ 資料請求
03-3221-3345

半蔵うなぎ街道

なぜうなぎを紹介するのか?

半蔵が持ち帰ったうなぎ屋の箸袋は、本日現在10軒です

創業年で
並び替え

新しい順 古い順 不明
岡山県
県民性を見る
  • 鰻料理 仕出し  宇佐見鰻店
    岡山県/津山市
    1949年以降 創業
  • うなぎの串焼き・創作料理 寝床 まさ屋
    岡山県/倉敷市
    ★閉店★ 創業
  • 喜久味
    岡山県/倉敷市
    1959年前後 創業
  • うなぎ乱亭(吉井旅館内)
    岡山県/倉敷市
    2009年前後 創業
  • 和の宴  絆
    岡山県/倉敷市
    2007年前後 創業
  • 酒太り うじょう亭
    岡山県/岡山市
    1994年前後 創業
  • うおじま
    岡山県/岡山市
    1984年前後 創業
  • よし川
    岡山県/岡山市
    ★閉店★ 創業
  • うなせん
    岡山県/岡山市
    1982年 創業
  • 岡山の小さな料理屋  くりはら
    岡山県/岡山市
    1969年 創業

*創業年は店舗ホームページや店主・従業員に確認した情報を基に、西暦表示しています。

岡山県の県民性

実は住みやすい県・岡山

関東から北にお住まいの人からはなじみが薄い県かもしれないが、岡山県は実はかなり住みやすい土地だと思う。その理由をあげてみると、

1、「晴れの国 岡山」と呼ばれるように、年間で1㎜以上の降水量のある日が全国で一番少ない。

2、春から秋にかけては、豊かな自然が育んだぶどうや桃をはじめとしたフルーツや農作物も豊富、瀬戸内海の海の幸も楽しめるため、食材に事欠かない。

3、近畿地方と九州地方をつなぐ鉄道、道路も香川をはじめとした四国への玄関口となる瀬戸大橋があったり、鳥取方面への道路も岡山を通っていて、交通の要所でもある。

4、製造業も盛んで、繊維でいえばクラボウ、クラレの発祥の地であるし、繊維があるからジーンズや帆布を使った商品を売り出すメーカーも多く、岡山市内や倉敷市内は地元の人も観光客も楽しめる店が軒を連ねている。

といった理由がパッと思いつく。

とはいえ、私が一番注目しているのは医師数の多さである。

仕事で医師の方にお会いする機会も多いこともあるのだが、岡山県は人口10万人に対する医師数が全国平均を上回っていて、全国5位だ。考えられる理由の一つが、医師を育てる風土が備わっているところにあるように思う。

1949(昭和24)年に創立した岡山大学は今年で創立71年だが、岡山大学医学部のルーツはそれよりもっと古く、1870(明治3)年にできた岡山藩医学館が始まりである。

戦後1918年に公布された大学令により大学に昇格した医大専門学校を旧六医科大といい、岡山大学医学部はその一つ。

日本の大学医学部の区分は、1)旧帝国大系 2)旧六医科大系 3)新設校系 の3つで、東京大学医学部をはじめとした1の旧帝国大系がヒエラルキーの頂点に立ってはいるものの、岡山県のある中国地方には旧帝国大がなく、また近畿・中国地方における唯一の旧六医科大なので、岡山大学医学部は地域トップレベルの大学といっても過言ではない。

現在も中国・四国地方や近畿地方の一部には関連病院があり、歴史的に医師派遣も行ってきたそうだ。

既にはじまっている超高齢化社会で、大都市以外は医師不足が叫ばれている。知り合いのファイナンシャルプランナーから、「老後は田舎の一軒家を売り、町の中心地にある総合病院の近くの賃貸に引っ越したほうがいい」と聞いたことがある。生活の環境が整っている岡山県は、住みやすい県といえるのではないだろうか。

2020330

武元康明

※別コラム「半蔵紀行」でも岡山県を紹介しています。

  • 鰻料理 仕出し  宇佐見鰻店
  • うなぎの串焼き・創作料理 寝床 まさ屋
  • 喜久味
  • うなぎ乱亭(吉井旅館内)
  • 和の宴  絆
  • 酒太り うじょう亭
  • うおじま
  • よし川
  • うなせん
  • 岡山の小さな料理屋  くりはら
手紙・名刺をお持ちの方