半蔵門パートナーズ 半蔵門パートナーズ

お問い合わせ 資料請求
手紙・名刺をお持ちの方
お問い合わせ 資料請求
03-3221-3345

半蔵うなぎ街道

なぜうなぎを紹介するのか?

半蔵が持ち帰ったうなぎ屋の箸袋は、本日現在51軒です

創業年で
並び替え

新しい順 古い順 不明
静岡県
県民性を見る
  • うな吉
    静岡県/浜松市北区
    1990年前後 創業
  • 中川屋
    静岡県/浜松市東区
    1877年 創業
  • 鰻丸
    静岡県/浜松市東区
    2019年 創業
  • 大嶋
    静岡県/浜松市南区
    1966年 創業
  • 志ぶき
    静岡県/浜松市西区
    1960年前後 創業
  • 曳馬野
    静岡県/浜松市
    1965年 創業
  • うな繁
    静岡県/駿東郡
    1960年前後 創業
  • むらかみ
    静岡県/三島市
    1971年 創業
  • 凡道留 富士店
    静岡県/富士市
    1972年 創業
  • うな政 富士本店
    静岡県/富士市
    2008年前後 創業
  • 鰻百選 ひろ田
    静岡県/御殿場市
    1963年 創業
  • 鰻処 うな正
    静岡県/浜松市
    1978年 創業

*創業年は店舗ホームページや店主・従業員に確認した情報を基に、西暦表示しています。

静岡県の県民性

「平均値がとりやすい」とされる県にも違いはある

「商品の試作品などを試すには静岡県が最適」といわれる。理由は東京と京都の間にあり、交通の便がいいこと。海も山もあり、太平洋に面していて気候が温暖で人々の性格も穏やかであること。そうした地域で過ごしている人たちが選ぶものに奇抜なものや特異なものが少ないこと。だから、日本人の平均値がとりやすいのだ。

しかし東西に長い静岡県は、かつて伊豆、駿河(静岡市周辺)、遠州(浜松市周辺)と3つのエリアに分かれていたため、文化や県民気質には微妙な違いがある。実際、電気の周波数の違いも、静岡県の富士川を境にして西側は60ヘルツ、東側は50ヘルツといった違いがある。また鰻の焼き方の違いも、静岡市では関東風と関西風が混在しているが、浜松市までいくと多くが関西風が多いように思う。

3つのエリアのなかでも、県庁所在地があり、県の中央に位置する静岡市と、企業城下町の浜松市の気質は、特に関東と関西の文化の違いを思わせるところがある。静岡市の人のほうが、冒頭のような県民性に近く、のんびりとした印象である。一方、浜松市の人はせっかちで、やや強引ともとれるような強さがある。以前、元大手食品小売りのバイヤーとして全国各地を廻っている方から「風が強い地域は気性が荒い」と聞いたことがあるが、温暖といわれる静岡県でも、冬の浜松方面は「遠州の空っ風」といわれる強い北西風が吹き荒れるから、そうした気候的な部分も地域性の違いに現れるのかもしれない。県内の人にもその自覚があるようで、私自身静岡県でタクシーに乗ると、多くのタクシードライバーから「西部の浜松市は気性が荒く、東部の静岡市は穏やか。車の運転にもそれは表れている」といった話を耳にした。

こうして書くと、浜松市側の人は静岡市側の人に比べて付き合いにくいように受け取られてしまうかもしれないが、私はこうした西部地区の「強さ」の部分こそ、日本の昭和戦後の経済復興に寄与してきたように感じる。

浜松市は、江戸時代から綿織物や製造から産業が始まり、現在でもスズキや本田技研工業、ヤマハ、河合楽器、ローランドなど、自動車産業や楽器産業をはじめとした、さまざまな企業や工場がある。

この地域には「やらまいか精神(=なんでもやってみよう)」というチャレンジ精神が根付いているが、そうした意識はビジネスには不可欠なものであり、浜松人気質とされる強さや強引さも、この精神に基づくものだとも考えられるからだ。

一方で、これからの未来像を考えると強引さでだけではなく、静岡市の地域性に見られるような穏やかさもリーダーに求められる条件だと思う。こうしてみると、静岡県は、ビジネスに求められる要素が混在しているとも言え、私にとって神秘的な県の一つなのだ。

※別コラム「半蔵紀行」でも静岡県を紹介しています。

201910月23日

武元康明

  • うな吉
  • 中川屋
  • 鰻丸
  • 大嶋
  • 志ぶき
  • 曳馬野
  • うな繁
  • むらかみ
  • 凡道留 富士店
  • うな政 富士本店
  • 鰻百選 ひろ田
  • 鰻処 うな正
手紙・名刺をお持ちの方