半蔵門パートナーズ 半蔵門パートナーズ

お問い合わせ

半蔵うなぎ街道

なぜうなぎを紹介するのか?

半蔵が持ち帰ったうなぎ屋の箸袋は、本日現在9軒です

創業年で
並び替え

新しい順 古い順 不明
和歌山県
県民性を見る
  • うなぎ・一品料理 お食事処 川よし
    和歌山県/西牟婁郡
    2009年前後 創業
  • 鰻 鹿六
    和歌山県/新宮市
    1923年 創業
  • 鰻割烹 心艶
    和歌山県/和歌山市
    1949年前後 創業
  • 東鳥春
    和歌山県/和歌山市
    1959年前後 創業
  • 楽食 いし井
    和歌山県/和歌山市
    1999年前後 創業
  • いづもや
    和歌山県/和歌山市
    ★閉店★ 創業
  • うなぎ専門 ひがし支店(串本町)
    和歌山県/東牟婁郡
    1999年前後 創業
  • 備長炭焼 うなぎ 川常
    和歌山県/御坊市
    1999年前後 創業
  • 太田うなぎ店
    和歌山県/田辺市
    1939年前後 創業

*創業年は店舗ホームページや店主・従業員に確認した情報を基に、西暦表示しています。

和歌山県の県民性

キャラクターの濃い南部と、堅実な北部に違いあり

 

紀伊山脈を中核とした山岳地帯が面積の約8割を占める和歌山県。真言密教の聖地・高野山や熊野古道のある那智山など、観光で訪れた人も多いかもしれない。自然豊かでのんびりおおらかな県民性をイメージするが、紀南と紀北で変化がある。

まず、海に近い南部(紀南)は、積極性や冒険心に富んだ県民気質といわれる。

陸の移動よりも海のほうが出やすいためか、戦前から戦後にかけ、和歌山から出稼ぎでカナダをはじめとした海外に渡った移民も多く、その送金額は大正時代まで全国一位だった。

特出したキャラクターを持った有名人も多い。例えば、紀南生まれの江戸中期の商人・紀伊国屋文左衛門は、江戸でみかんが高騰した際に紀州のみかんを買い集めて命がけで荒波の太平洋に乗り出し、無事にみかんを江戸まで運んで成功した人物だ。その後幕府御用達の材木商になって巨万の富を築くも、幕府から依頼された十文銭の鋳造に失敗して大きな損失を被るなど、波乱万丈な人生を送った。

生物学者で博物学者の奇才・南方熊楠も、紀南の田辺市出身。東京大学予備門へ進学のために上京後するも中退。その後は19歳から14年間に渡ってアメリカやイギリスへ遊学し、帰国後は和歌山で研究に没頭した。操った言語は18か国語以上。生涯を通じて研究を続け、科学誌『ネイチャー』に50本以上の論文が掲載されたり、和歌山では昭和天皇に進講した。

一方で、商業都市・大阪に近い北部(紀北)となると、県民性が変わる。商業優先主義的な考え方が根付き、金銭感覚がシビアな人が多いとされるからだ。

「享保の改革」で質素倹約を推進した江戸幕府第8代将軍の徳川吉宗は、紀州藩主時代にも傾いた藩の財政を立て直し、再建した。紀州徳川家が美徳とした勤倹貯蓄の精神は、現代の和歌山県人にも受け継がれていると考えていいだろう。

2019年にソニー生命が発表した「第5回全国生活意識調査」の結果によると、和歌山県は「現在の貯蓄額」ランキングで6位(473.9万円)、「自分はマネー関連の知識が豊富」では1位(24%)だった。

9歳で大阪に丁稚奉公に出たとはいえ、日本の名経営者の代表格、松下幸之助も和歌山県の生まれだ。気候も温暖で大阪や兵庫よりのんびりした風土をイメージするが、実は和歌山市を中心に、都心部では堅実なビジネス感覚を持った人材を育てる土壌がある。

2020年8月31日

武元康明

  • うなぎ・一品料理 お食事処 川よし
  • 鰻 鹿六
  • 鰻割烹 心艶
  • 東鳥春
  • 楽食 いし井
  • いづもや
  • うなぎ専門 ひがし支店(串本町)
  • 備長炭焼 うなぎ 川常
  • 太田うなぎ店